シルクロードビジネスセミナー (1)岩田地崎建設/寒冷地技術で相手国に寄与

2016年02月17日 11時54分

岩田地崎建設 伊藤部長

 岩田地崎建設(本社・札幌)は、モンゴルと中央アジアのウズベキスタンで地中熱、バイオマス、雪氷熱の再生可能エネルギーと省エネルギー建築技術を提案し、現地で事業展開が可能かを検証した。

 伊藤俊裕環境ソリューション部長は「当社の寒冷地技術が相手国の開発に寄与できるかどうか、現地視察や意見交換を通じて確認してきた」と振り返った。

 両国では、自治体やエネルギー政策の行政機関、建設会社、農畜産物団体などを訪問した。特にモンゴルでは、石炭火力発電やゲル地区での石炭暖房による大気汚染が問題となり、一部では太陽光や風力、太陽熱と再生可能エネルギーの利用が進められている。

 同社の提案は、抜本的な解決策として建物のエネルギー効率を改善すると同時に、地中熱エネルギーとヒートポンプを組み合わせて温室効果ガスを削減。家畜ふん尿や生ごみなどを原料とするバイオガスプラントを建設し、大気汚染を防ぐ。

 モンゴルでは、牛乳生産量を増加させるため、家畜の放牧からつなぎ飼い飼育に転換する動きがある。バイオガスプラントを後押しする好材料だが、景気の低迷にあえぐ同国にとっては初期投資が高く、原料の安定的な確保に課題が残されている。

 一方、ウズベキスタンでは地中熱に興味を示す企業が多く、市内中心部では地域熱供給が行われ、住宅への個別暖房が始まっている。家畜ふん尿のバイオガスプラント、建物への再生可能エネルギーや耐震技術の導入にもニーズがあるという。

(2016年2月17日掲載)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,711)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,279)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,955)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,765)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,292)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。