シルクロードビジネスセミナー (1)岩田地崎建設/寒冷地技術で相手国に寄与

2016年02月17日 11時54分

岩田地崎建設 伊藤部長

 岩田地崎建設(本社・札幌)は、モンゴルと中央アジアのウズベキスタンで地中熱、バイオマス、雪氷熱の再生可能エネルギーと省エネルギー建築技術を提案し、現地で事業展開が可能かを検証した。

 伊藤俊裕環境ソリューション部長は「当社の寒冷地技術が相手国の開発に寄与できるかどうか、現地視察や意見交換を通じて確認してきた」と振り返った。

 両国では、自治体やエネルギー政策の行政機関、建設会社、農畜産物団体などを訪問した。特にモンゴルでは、石炭火力発電やゲル地区での石炭暖房による大気汚染が問題となり、一部では太陽光や風力、太陽熱と再生可能エネルギーの利用が進められている。

 同社の提案は、抜本的な解決策として建物のエネルギー効率を改善すると同時に、地中熱エネルギーとヒートポンプを組み合わせて温室効果ガスを削減。家畜ふん尿や生ごみなどを原料とするバイオガスプラントを建設し、大気汚染を防ぐ。

 モンゴルでは、牛乳生産量を増加させるため、家畜の放牧からつなぎ飼い飼育に転換する動きがある。バイオガスプラントを後押しする好材料だが、景気の低迷にあえぐ同国にとっては初期投資が高く、原料の安定的な確保に課題が残されている。

 一方、ウズベキスタンでは地中熱に興味を示す企業が多く、市内中心部では地域熱供給が行われ、住宅への個別暖房が始まっている。家畜ふん尿のバイオガスプラント、建物への再生可能エネルギーや耐震技術の導入にもニーズがあるという。

(2016年2月17日掲載)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,941)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,167)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,060)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,942)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,571)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。