シルクロードビジネスセミナー (3)旭イノベックス/暖房事情調べ事業参入模索

2016年02月19日 11時54分

旭イノベックス 吉田課長代理

 旭イノベックス(本社・札幌)は、温水パネルヒーターの売り込みを図るため、モンゴルとウズベキスタンを視察した。省エネルギー化への転換や老朽化対策を進める現状など両国の暖房事情を調べ、事業参入を模索している。

 住環機器事業部の吉田賢一営業部課長代理が報告した。同社の温水パネルヒーターは常に一定温度を保つことができるようバルブコントロールシステムが取り付けられている。

 両国とも寒さが厳しく、市街地に張り巡らされている温水暖房が各住宅を暖めている。「特に1月のモンゴルは昼間も氷点下30度から上がらず、北海道育ちの身でもこたえた」と現地の感想を話した。

 モンゴルでは、火力発電の廃熱を利用し、パールと呼ばれる暖房機器で温水を循環させている。毎年9月15日から翌年5月15日まで自動供給しているが、温度の加減ができない非制御型であるため、機器の品質が悪かったり、劣化し圧力が高くなった場合には破裂の危険性がある。

 モンゴル政府は、暖房効率を向上させて省エネルギー化する政策を進めており、同社の製品が「燃費を抑え、環境負荷の低減に貢献できるのでは」(吉田課長代理)と期待を寄せる。

 ウズベキスタンは、旧ソ連が構築した温水暖房システムが稼働しているが、非制御型の設備は老朽化が著しい。政府は、工場などには従来のシステムで供給し、それ以外は個別暖房化への切り替えを進めている。

 吉田課長代理は「政府が取り組む事業なので、どう関わっていくかが問題。今回意見交換した企業とのコンタクトを継続する」とし、粘り強く進出の道を探っていく方針を示した。

(2016年2月19日掲載)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,712)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,280)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,957)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,730)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,293)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。