帯広開建上半期の工事受注実績 首位は宮坂建設

2017年10月20日 07時00分

 帯広開建の2017年度上半期(4―9月)の業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。98社が177件、249億3654万円を受注。金額は前年度同期より65.3%増加した。第1四半期(4―6月)に引き続き、宮坂建設工業が15件、46億2209万円を請け負い首位を獲得した。

 開札結果を税抜きで集計。設計変更を含めず共同体は構成比率に応じて配分した。16年度末のゼロ国債や翌債、年度末契約は全額、多年度国債は17年度支払額をそれぞれ計上した。対比する前年度集計には台風被害の緊急工事を含んでいる。

 地域別では、管内業者は201億3510万円を受注し65.8%増加。シェアは80.8%で0.3ポイント上回った。管外の道内業者は52.6%増の35億8485万円。シェアは1.2ポイント減らした14.4%。道外業者は、災害関係の橋梁上部や舗装補修の受注などで12億1659万円となり約2倍となった。シェアは1ポイント増の4.9%だった。

 上位10社を見ると、8位の中山組以外は管内業者が名を連ねた。特に上位5社は受注総額が10億円を越えている。首位の宮坂建設工業は、9月に十勝川の明野7線と明野9線上流の河道掘削を受注した。2位の萩原建設工業は7月に士幌西部地区第14号明渠排水路中音更西6線工区を請け負った。3位の西江建設も9月に十勝川の明野9線下流河道掘削を追加した。


関連キーワード: 入札情報 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,168)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,152)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,546)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,226)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,088)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。