札幌市 26年冬季五輪開催地に立候補 JOCへ意向通知

2017年11月09日 19時12分

 札幌市は9日、日本オリンピック委員会(JOC)に対し、2026年冬季五輪・パラリンピックの立候補プロセスに参加する意向を文書で提出した。JOCは同日を国内都市の意向確認期限としていて、10日に開く常務理事会、15日の理事会に報告する方針で、今後はJOC側の意思決定が注目される。

 国際オリンピック委員会(IOC)は、26年冬季大会の立候補プロセスについて「対話ステージ」と「立候補ステージ」の2段階を経て、19年9月のIOC総会で決める方針を打ち出している。JOCでは、対話ステージに参加する国内都市を9日まで募集していた。

 対話ステージへの参加は18年3月31日が期限。今後は参加意向を踏まえ、JOCが日本としてプロセスに参加するかどうかを判断し、理事会等で意思決定する見通し。

 札幌市は、昨年11月に開催提案書をJOCに提出。現在は最大で約4560億円に上る費用の削減に向け計画の見直しを進めている最中で、IOCの助言を得て計画を精査できる対話ステージ参加を正式表明した。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,350)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,708)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,681)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,502)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。