札幌市 26年冬季五輪開催地に立候補 JOCへ意向通知

2017年11月09日 19時12分

 札幌市は9日、日本オリンピック委員会(JOC)に対し、2026年冬季五輪・パラリンピックの立候補プロセスに参加する意向を文書で提出した。JOCは同日を国内都市の意向確認期限としていて、10日に開く常務理事会、15日の理事会に報告する方針で、今後はJOC側の意思決定が注目される。

 国際オリンピック委員会(IOC)は、26年冬季大会の立候補プロセスについて「対話ステージ」と「立候補ステージ」の2段階を経て、19年9月のIOC総会で決める方針を打ち出している。JOCでは、対話ステージに参加する国内都市を9日まで募集していた。

 対話ステージへの参加は18年3月31日が期限。今後は参加意向を踏まえ、JOCが日本としてプロセスに参加するかどうかを判断し、理事会等で意思決定する見通し。

 札幌市は、昨年11月に開催提案書をJOCに提出。現在は最大で約4560億円に上る費用の削減に向け計画の見直しを進めている最中で、IOCの助言を得て計画を精査できる対話ステージ参加を正式表明した。


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,255)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,310)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,051)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,618)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,617)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?