十勝オーバルを最優先 冬季五輪のスピードスケート会場

2017年11月15日 09時30分

 秋元克広札幌市長は14日の定例記者会見で、2026年冬季五輪・パラリンピック招致のスピードスケート競技会場について、帯広市の明治北海道十勝オーバルを最優先に、招致手続きの中で協議を進めていく考えを示した。

 市が昨年まとめた26年大会招致の開催概要計画では、同競技会場について南区の道立真駒内公園屋外競技場の屋内競技場への建て替えと、十勝オーバル改修の2案を併記していた。

 秋元市長は「道からは道立による(屋内競技場への)建て替えは難しいとの打診を受けた」と説明。IOCが示す招致プロセスの対話ステージへ参加することが決まれば「十勝を前提に議論していく。既存施設の有効活用という方向性とも合致する」と述べ、今後、道や帯広市と詳細を詰める考えを表明した。

 十勝オーバルは、五輪基準で求める6000席の座席数を大きく下回る1000席にとどまるため、改修・仮設による客席の確保が必要。その費用には50億円を試算する。

 札幌市は対話ステージの中でIOCを交え、客席基準緩和で対応できないかなどコスト縮減策を、道や帯広市と共に探る姿勢だ。

 札幌市は9日、日本オリンピック委員会(JOC)へ大会招致を正式に表明。他に国内招致希望はなく、JOCはきょう15日の理事会で、対話ステージへの参加の可否を決める見通し。対話ステージの中で、来秋に控える立候補ステージ参加を判断する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,040)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,090)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,932)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,843)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,398)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。