学生に市住提供開始 札幌市が空き室対策で18年度から

2017年11月28日 12時00分

 札幌市都市局は、市営住宅空き室の有効活用策として、2018年4月から厚別区のもみじ台団地の一部住戸を、北星学園大や同短大の学生に提供するモデル事業を始める。学生の自治会活動参加により、高齢化する地域の活性化も期待。12―1月に入居希望の学生を募集する。

 市住の入居希望は平均約25倍の高倍率だが、築40年以上の同団地は人気が低く、全5500戸のうち10%が空き家。加えて周辺自治会は高齢化率が全市平均より高く、活動の担い手不足が課題になっていた。

 同局では空き室の有効活用と地域コミュニティーの活性化策として、本来は対象外の学生への住戸提供をモデル的に始めることとした。

 学生にはJR新札幌駅や地下鉄新さっぽろ駅に近いN団地16―28号棟(計510戸)のうち、4、5階の2DKを、全体で4戸ほど提供する。

 月額約1万2000円と低廉な料金で住戸を提供する一方、可能な限り自治会活動への参加を求め、活動の活性化を促す。大学は、学生の募集や指導を担う。

 27日、大場里樹都市局長が同大を訪れ、田村信一学長と協定書を交わした。同局では「それぞれにメリットがある」と説明。状況に合わせ提供戸数の拡大を検討するほか、要請があれば、他大学との連携も考えていく。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • Easy維~持~!

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,624)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,360)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,698)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,659)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?