学生に市住提供開始 札幌市が空き室対策で18年度から

2017年11月28日 12時00分

 札幌市都市局は、市営住宅空き室の有効活用策として、2018年4月から厚別区のもみじ台団地の一部住戸を、北星学園大や同短大の学生に提供するモデル事業を始める。学生の自治会活動参加により、高齢化する地域の活性化も期待。12―1月に入居希望の学生を募集する。

 市住の入居希望は平均約25倍の高倍率だが、築40年以上の同団地は人気が低く、全5500戸のうち10%が空き家。加えて周辺自治会は高齢化率が全市平均より高く、活動の担い手不足が課題になっていた。

 同局では空き室の有効活用と地域コミュニティーの活性化策として、本来は対象外の学生への住戸提供をモデル的に始めることとした。

 学生にはJR新札幌駅や地下鉄新さっぽろ駅に近いN団地16―28号棟(計510戸)のうち、4、5階の2DKを、全体で4戸ほど提供する。

 月額約1万2000円と低廉な料金で住戸を提供する一方、可能な限り自治会活動への参加を求め、活動の活性化を促す。大学は、学生の募集や指導を担う。

 27日、大場里樹都市局長が同大を訪れ、田村信一学長と協定書を交わした。同局では「それぞれにメリットがある」と説明。状況に合わせ提供戸数の拡大を検討するほか、要請があれば、他大学との連携も考えていく。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。