ロシアの建設関係者ら招き「都市づくりセミナー」北大

2018年02月19日 19時00分

 北大は16日、ロシアの建設関係者らを招き「都市づくり」に関するセミナーを同大で開いた。サハリン州のエンジニアリング会社やアムールスクのプレコン製造会社、サハリン国立大の学生ら14人が参加。北大大学院工学研究院の瀬戸口剛教授が「積雪寒冷都市における公共施設の計画」をテーマに講演。北方型住宅や産業廃棄物、スマート農業なども紹介した。

 文部科学省の2017年度「大学の世界展開力強化事業」として実施。道と北海道総合研究調査会(HIT)、北海道ロシアビジネスセンターが協力した。

 効率のよいコンパクトな都市インフラを具体化した稚内駅の「キタカラ」は店舗やバスターミナル、映画館、高齢者住宅などを備えた複合施設。旧駅舎は吹雪にさらされるのが課題だったため、風雪シミュレーションによって風を施設の横に流すデザインを採用した。

 ガラスのカーテンウォールを採用した開放的なデザインも特徴。熱損失を抑えるようサッシ部分に断熱ピースを入れたほか、結露対策で自動換気も採用している。

 札幌市内で実施している集中暖房「スマートグリッドシステム」も紹介。下川町でも同様のシステムを展開する計画だと話した。

 そのほか、森太郎空間性能分野准教授が「環境に配慮した北方型住宅」を題して講演。道内の高気密・高断熱住宅の変遷などを紹介した。石井一英環境管理工学分野准教授は「廃棄物処理とエネルギー利用」、農学研究院の鈴木卓生物資源科学分野准教授は「寒冷地適用型温室とスマート農業」で講義した。


関連キーワード: 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,013)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,682)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,098)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,716)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。