新富良野プリンスホテルに倉本聰氏監修のレストラン

2018年03月18日 09時00分

 プリンスホテル(本社・東京)は、作家の倉本聰氏が監修したレストラン「ル・ゴロワ フラノ」を5月28日に新富良野プリンスホテル敷地内にオープンする。道産食材を活用し、生産者、調理者、スタッフ、客が料理を通じたつながりや楽しさ、面白さを感じられるレストランを目指す。

 倉本氏は富良野が優れた観光地であるには「見るべきところと物」「快適な宿泊設備」「遊び」「買い物」「食と飲」の5つの条件が必要としている。プリンスホテルはこの考えに基づき、富良野プリンスホテルや新富良野プリンスホテル「風のガーデン」「ニングルテラス」といった観光施設を整備してきた。

ル・ゴロワ フラノの外観イメージ

ル・ゴロワ フラノの外観イメージ。周囲の自然に溶け込む曲線主体のデザインとした

 ル・ゴロワはこのうち「食」を提供する施設として考案。倉本氏自身が店舗やロゴのデザインを手掛けた。設計は他の倉本氏監修の飲食店の設計も担当した竹端建築設計室が担った。施工はイワクラホームで規模はW造、平屋、店舗面積は142m²。自然との調和や森との共存といった倉本氏の世界観や、木のぬくもりが感じられる内装が特徴となっている。

 倉本氏は料理も監修しており、道産食材の素材本来のうまみを重視したメニューを提供する。具体的には、ちゅう房内へ薪(まき)釜を設置し、薪の火で焼き上げる肉料理を用意するなど工夫を凝らしている。

 席数は35席で、15日から予約を受け付ける。問い合わせはル・ゴロワ フラノ、電話0167(22)1123まで。


関連キーワード: 観光 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,530)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,334)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,066)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,894)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,252)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。