新富良野プリンスホテルに倉本聰氏監修のレストラン

2018年03月18日 09時00分

 プリンスホテル(本社・東京)は、作家の倉本聰氏が監修したレストラン「ル・ゴロワ フラノ」を5月28日に新富良野プリンスホテル敷地内にオープンする。道産食材を活用し、生産者、調理者、スタッフ、客が料理を通じたつながりや楽しさ、面白さを感じられるレストランを目指す。

 倉本氏は富良野が優れた観光地であるには「見るべきところと物」「快適な宿泊設備」「遊び」「買い物」「食と飲」の5つの条件が必要としている。プリンスホテルはこの考えに基づき、富良野プリンスホテルや新富良野プリンスホテル「風のガーデン」「ニングルテラス」といった観光施設を整備してきた。

ル・ゴロワ フラノの外観イメージ

ル・ゴロワ フラノの外観イメージ。周囲の自然に溶け込む曲線主体のデザインとした

 ル・ゴロワはこのうち「食」を提供する施設として考案。倉本氏自身が店舗やロゴのデザインを手掛けた。設計は他の倉本氏監修の飲食店の設計も担当した竹端建築設計室が担った。施工はイワクラホームで規模はW造、平屋、店舗面積は142m²。自然との調和や森との共存といった倉本氏の世界観や、木のぬくもりが感じられる内装が特徴となっている。

 倉本氏は料理も監修しており、道産食材の素材本来のうまみを重視したメニューを提供する。具体的には、ちゅう房内へ薪(まき)釜を設置し、薪の火で焼き上げる肉料理を用意するなど工夫を凝らしている。

 席数は35席で、15日から予約を受け付ける。問い合わせはル・ゴロワ フラノ、電話0167(22)1123まで。


関連キーワード: 観光 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,461)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,086)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,778)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,548)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,513)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。