ニシン漁で栄えた「江差の五月」をVRで観光体験

2018年04月04日 19時00分

 凸版印刷と江差町は、日本遺産に登録された往時の街並みをVRコンテンツで推定復元し、同社の体験型VR観光アプリ・ストリートミュージアムで公開した。「江差の五月」として、観光客や町民が歩いて江差町の魅力を楽しめるVR観光体験を提供する。

 同社は最新のデジタル表現技術を使い、地域の観光資源を「デジタル文化財」として提供。これまで富岡製糸場や江戸城、彦根城などでサービスを展開し、地方創生を支援している。

 江差町は江戸時代後期、材木の積出港やニシン漁の盛地として繁栄を極めた。当時の様子は「江差の五月は江戸にもない―ニシンの繁栄が息づく町」として、昨年4月に北海道初の日本遺産に認定された。

 認定を受け、ニシンで繁栄した当時の情景をVRで推定復元。GPSと連動し、町内9カ所の史跡でVRコンテンツを表示できるスマートフォン向けアプリとした。

VRコンテンツで再現した「いにしえ街道」のアプリの画面

VRコンテンツで再現した「いにしえ街道」

 その場所に合わせたVRコンテンツを番頭と丁稚の掛け合いで解説。まるで江戸時代にタイムトリップしたかのように町歩きを楽しめる。かつて北前船が停泊していたであろうかもめ島を上空から眺めたり、江差町とも関係の深い土方歳三とのバーチャル記念撮影が可能だ。


関連キーワード: 新技術 観光 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。