2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築

2018年05月04日 09時00分

 パチンコ・パチスロ店などを経営するベガスベガス(山形市香澄町2丁目8の1、高橋秀之社長)は、釧路店新築をネクジット(本社・大阪)に決めた。工期は6月1日から11月末まで。2019年1―2月のオープンを予定している。

 釧路市内への出店は初めて。S造で、店舗(平屋)と立体駐車場(3階)の2棟構成とし、延べ1万4379m²の規模。駐車場は敷地内で平置き100台、立駐600台の計700台を確保する。設計は道外2社によるコンペでオオキ建築事務所(本社・東京)に決めた。

 建設地の釧路市幸町14丁目1の9はJR釧路駅の近くで、複合商業施設「アベニュー・クシロ」があった場所。マーケティング調査から、物販店の誘致はせず、利用者向けの自社飲食店のみを設置することにした。

 業界はM&Aが加速している。同社の担当者は「吸収合併で4月に函館の2店舗を取得した。来年にかけて、機会があれば積極的に店舗を構えたい」と話している。


関連キーワード: 建築 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,273)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,520)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。