2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築

2018年05月04日 09時00分

 パチンコ・パチスロ店などを経営するベガスベガス(山形市香澄町2丁目8の1、高橋秀之社長)は、釧路店新築をネクジット(本社・大阪)に決めた。工期は6月1日から11月末まで。2019年1―2月のオープンを予定している。

 釧路市内への出店は初めて。S造で、店舗(平屋)と立体駐車場(3階)の2棟構成とし、延べ1万4379m²の規模。駐車場は敷地内で平置き100台、立駐600台の計700台を確保する。設計は道外2社によるコンペでオオキ建築事務所(本社・東京)に決めた。

 建設地の釧路市幸町14丁目1の9はJR釧路駅の近くで、複合商業施設「アベニュー・クシロ」があった場所。マーケティング調査から、物販店の誘致はせず、利用者向けの自社飲食店のみを設置することにした。

 業界はM&Aが加速している。同社の担当者は「吸収合併で4月に函館の2店舗を取得した。来年にかけて、機会があれば積極的に店舗を構えたい」と話している。


関連キーワード: 建築 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。