札幌市の17年度落札動向 くじ引き発生率が改善

2018年06月23日 09時30分

 札幌市は2017年度の入札契約状況をまとめた。市長部、交通、水道、病院の各局が発注した工事、委託の平均落札率は88.4%で前年度から1.3ポイント上昇した。くじ引き落札は、評価細分化など総合評価の見直しがあった工事で48%と2.2ポイント改善。発生率の高い土木は72.4%と5.3ポイント低下した。委託は81.3%で高水準だが4.6ポイント改善した。

 21日に開いた入札・契約等審議委員会(委員長・高野伸栄北大公共政策大学院長)に、財政局が示した。

 17年度の工事発注は市長部局と3企業局含め競争入札、随契の合計で1558件、1023億5400万円を契約。委託は780件で、38億3800万円を発注した。

 平均落札率は工事が90.9%と前年度から1.2ポイント上昇し、14年度から3年ぶりに90%台を超えた。17年4月に最低制限価格の算定法を見直し、直接工事費や現場管理費率を引き上げたことが主な要因とみられる。

 委託の平均落札率は81.3%。16年2月に最低制限価格を見直しているため0.5ポイントの上昇にとどまるが、過去5年では最も高い水準になる。

 くじ引き落札は、総合評価方式の見直しで下がる傾向が見られた。工事は1370件中657件がくじ引きで、うち621件が最低制限価格での抽選だった。発生率が高い土木は72.4%で5.3ポイント、舗装は78.8%で2.7ポイント、それぞれ発生率は下がっている。

 委託は481件中391件がくじ引きで、最低制限価格の落札は376件。測量で95.9%、地質調査は100%と、ほぼ全件がくじ引き。設計は73.1%で、6ポイントほど下がっている。

 委員会では、昨年、運頼みのくじ引き落札抑制に向け対策を集中審議。総合評価の拡大を提言した。これに基づき市は、18年度に総合評価を市長部局で30件多い150件、全体で50件多い200件に拡大する方針だ。

 21日の委員会審議では、くじ引き抑制の目標値をどこに設定するかを問う声が上がり、経過を見て検討を進めることとした。

 一方、最低制限価格以外でのくじ引きが発生していることに対し、委員から発注側の積算ミスの可能性を指摘する声が上がり、検証の必要性が提起された。


関連キーワード: 入札情報 市町村行政

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。