震度6弱以上揺れ発生確率、道東で大幅上昇 政府調査委

2018年06月27日 12時00分

 政府の地震調査研究推進本部地震調査委員会は26日、全国地震動予測地図2018年版を公表した。この中で、今後30年以内に震度6弱以上の揺れが発生する確率は、根室市が17年度より15ポイント上昇して78%、釧路市は22ポイント上がり69%となった。17年12月発表の千島海溝沿いの地震活動長期評価を反映して、道東地方を中心に大幅に上昇した。発生確率が高まった各自治体では、警戒感を強め、防災対策を引き続き推進する考えを示している。

■地震動予測地図18年版

 全国地震動予測地図は、現時点で考慮する全ての地震位置、規模、確率に基づいて、各地点における発生確率と揺れの程度を計算して示したもの。基準日は18年1月1日。18年版で北海道は、千島海溝沿いで発生するプレート間巨大地震と17世紀型超巨大地震の評価を加えた。

 今後30年以内に震度6弱以上の揺れが発生する確率は都道府県庁と、道内は14振興局所在地での確率が示された。根室市、釧路市は大幅に上昇したが、浦河町も5ポイント上がって70%、帯広市は9ポイント上がって22%となった。全国で見ても、根室市は4番目、浦河町は7番目、釧路市は9番目に高い発生確率となった。

 このほか10市町は10%以下だが、稚内市と江差町が横ばいのほかはいずれも上昇している。最も確率が低かったのは旭川市の0.55%だった。

 公表を受けて長谷川俊輔根室市長は、あらためて平時からの対策が重要との認識を強め「いつ大きな地震が発生してもおかしくないという意識を持ち、防災・減災対策を継続的に進める」と強調。

 石井康司釧路市防災危機管理監は「いつ起きてもおかしくないという思いで耐震化に取り組んできた」と対策推進を自負し、土居覚浦河町総務課防災担当参事も「確率は毎年上がっている。引き続き危機感を持って対応する」と気を引き締めた。確率は1.6%と低いが、人口197万人を抱える札幌市の松坂彰危機管理対策室計画・原子力災害対策担当課長は「震度6弱以上の地震も想定されている」と警戒。備えを啓発する考えを示した。

 道は、今回の公表で新たな取り組みを行う考えはないが、18年度の中央防災会議による海溝型地震防災戦略の見直しを受け、対応を見極める方針。三角靖枝道総務部危機対策課防災教育担当課長は、道内より確率が低い大阪市(56%)、熊本市(7.7%)でも大地震が発生した点を指摘。「確率が低くても安心することなく日頃から対策を進めてほしい」と求めた。


関連キーワード: 災害 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,079)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,462)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,867)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,237)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。