過去10年で最少の124件 帝国DB上半期道内企業倒産

2018年07月09日 08時00分

 帝国データバンク札幌支店が6日発表した2018年上半期(1―6月)の道内企業倒産集計によると、件数は前年同期比24件減の124件で、上半期としては2000年以降4番目に少なく、過去10年では最少となった。負債総額は168億5900万円。0.7%減と微減ながら、2年連続の前年同期比減となっている。

 業種別件数は、その他を除くと小売の38件が最多。これに卸売25件、サービス21件、建設19件、製造13件などと続く。建設は半減した。倒産理由は販売不振が93件で全体の75%を占めた。

 負債額別に見ると、5000万円未満が64件で過半を占めた。5000万―1億円未満は20件、1億―5億円未満は35件、5億―10億円未満は3件、10億円以上の大型倒産は2件だった。主なものでは水産物加工販売のカネ共三友冷蔵が36億6500万円、土木建築工事のSI管理が14億6100万円で破産している。

 地域別では石狩44件、後志と十勝が各12件、胆振10件、釧路9件、上川とオホーツクが各8件、根室6件、空知と渡島が各5件など。業歴別では、30年以上の企業が45件で最も多く、全体の36.3%占めた。

 今後は水産資源の不足と価格高騰、人手不足と人件費高騰、燃料価格の高騰、後継者難などが懸念材料だが、倒産が大幅に増加することは想定し難く、増減を繰り返しながら低水準で推移するとしている。

 6月単月は23件で、7カ月連続して前年同月を下回った。負債総額は26億4800万円で、4カ月連続で減少した。

 その他を除く業種別内訳はサービス8件、小売7件、卸売3件、建設と製造が各2件。運輸・通信と不動産の倒産はなかった。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,885)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,682)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,636)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,890)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,750)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。