過去10年で最少の124件 帝国DB上半期道内企業倒産

2018年07月09日 08時00分

 帝国データバンク札幌支店が6日発表した2018年上半期(1―6月)の道内企業倒産集計によると、件数は前年同期比24件減の124件で、上半期としては2000年以降4番目に少なく、過去10年では最少となった。負債総額は168億5900万円。0.7%減と微減ながら、2年連続の前年同期比減となっている。

 業種別件数は、その他を除くと小売の38件が最多。これに卸売25件、サービス21件、建設19件、製造13件などと続く。建設は半減した。倒産理由は販売不振が93件で全体の75%を占めた。

 負債額別に見ると、5000万円未満が64件で過半を占めた。5000万―1億円未満は20件、1億―5億円未満は35件、5億―10億円未満は3件、10億円以上の大型倒産は2件だった。主なものでは水産物加工販売のカネ共三友冷蔵が36億6500万円、土木建築工事のSI管理が14億6100万円で破産している。

 地域別では石狩44件、後志と十勝が各12件、胆振10件、釧路9件、上川とオホーツクが各8件、根室6件、空知と渡島が各5件など。業歴別では、30年以上の企業が45件で最も多く、全体の36.3%占めた。

 今後は水産資源の不足と価格高騰、人手不足と人件費高騰、燃料価格の高騰、後継者難などが懸念材料だが、倒産が大幅に増加することは想定し難く、増減を繰り返しながら低水準で推移するとしている。

 6月単月は23件で、7カ月連続して前年同月を下回った。負債総額は26億4800万円で、4カ月連続で減少した。

 その他を除く業種別内訳はサービス8件、小売7件、卸売3件、建設と製造が各2件。運輸・通信と不動産の倒産はなかった。


関連キーワード: 景気動向

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,080)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,419)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,399)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,257)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,248)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。