延べ3300m²に規模縮小 ニセコ町役場新庁舎計画

2018年07月18日 17時00分

 ニセコ町は、2019年6月に着工を予定している役場新庁舎建設について、実施設計段階で延べ床面積を基本設計段階の3768m²から約3300m²に変更し、約24億円の事業費も当初表明していた約20億円に近づける意向だ。構造と階数は変更しないとしている。実施設計はアトリエブンクと随意契約。19年3月までに完成させる。

 基本設計は完了済み。議員協議会や町民を交えたワークショップ、町民講座を通じて寄せられた意見や役場内の議論経て、規模はRC造、地下1地上3階、延べ3768m²になった。外構、旧庁舎解体費用を含めた事業費は約24億円まで膨らんだ。

 町は実施設計を進めるに当たり、職員数に対する必要な面積をあらためて算出したところ約2700m²となった。これに防災拠点機能に必要な面積約600m²を加え、3300m²が妥当と判断した。

 役場新庁舎は、富士見55の現庁舎向かいの第2庁舎敷地に建設し、21年2月完成を予定している。


関連キーワード: 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,230)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,076)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,387)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。