帯広・広尾自動車道忠類大樹―豊似間の初弾工7日公告

2018年08月02日 19時00分

 帯広開建は7日にも、236号帯広・広尾自動車道の歴舟川橋下部工事を公告する見通しだ。同道忠類大樹―豊似間の初弾工で、A1橋台1基や橋脚1基を施工する。工事規模は2億5000万―4億5000万円で一般土木A、B等級が対象。9月末までに入札するが、工期が16カ月のため2カ年工事となる。

 帯広開建は、帯広・広尾道忠類大樹―豊似間15㌔区間に2016年度から着手。うち忠類大樹IC―仮称・大樹IC間6㌔区間は調査や設計を進め整備ルートを固めた。工事に向けて用地補償などを進めているが、歴舟川に架ける歴舟川橋の用地に関しては河川管理者である道との河川協議で済むため、18年度の着工にこぎ着けられた。

 歴舟川橋は17年度に詳細設計が完了。橋長198m、幅員12mの4径間連続鋼非合成桁橋を想定。下部形式は全て直接基礎で、A1橋台が箱式、A2橋台が逆T式、橋脚3基は小判柱式とする方針。

 公告する下部工事については、資材の見込み量が生コンクリート2500m³、鉄筋200㌧。受注者希望型の週休2日制施工を採用する。地域要件は単体業者か共同体の1社以上が道内に本店とし、単体B等級は技術評価点が一般土木で850点以上か、維持が800点以上に設定する予定だ。


関連キーワード: 入札情報 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,471)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,241)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。