道内、道庁など3件公表 KYB免震ダンパー使用庁舎

2018年10月20日 07時00分

 地震などに対し建物の揺れを抑える免震・制振装置の検査データ改ざん問題でKYB(本社・東京)は19日、東京都内で記者会見し、不正の疑いのある免震オイルダンパーが使われている庁舎70件を公表した。本道は道庁本庁舎、札幌市白石区複合庁舎、幕別町本庁舎の3件が含まれた。斉藤圭介専務と子会社であるカヤバシステムマシナリー(同)の広門茂喜社長が謝罪し、現在の調査状況を説明した。

■確認追い付かず全国で70件

 KYBが公表したのは、改ざんの有無を確認中のものも含めた986件のうち、不特定多数が利用する庁舎について、所有者などの了解が得られた70件。揺れを抑える減衰性能について、基準値からのぶれを15%以内に収めるという自主基準を設定していたが、自社基準不適合が11件、所有者の基準外が17件、42件が改ざんの有無不明とした。道内3件は不明となっている。都内で工事中の庁舎1件を総数に追加した。

 病院や複合施設など該当する民間施設も多数確認されているが、所有者や施工者への確認、公表の了承に関する連絡が滞っている状況だ。

 改ざん問題を公表した16日から調査を始め、住所の特定しやすい公共施設から着手した。斉藤専務は「建築会社へのアプローチと庁舎へのアプローチで手いっぱいになってしまって、民間にはまだ(調査が)行けていない」と話している。追加の公表については、来週以降順次まとまった段階で進捗(しんちょく)を公表する考えだ。

 該当施設の交換コストについては、製品コストは試算できるが、施工コストが建物ごとに条件が違うため、仮設の想定を何パターンか見積もりを開始しているとした。今後の製品の交換については、優先的にやるものを関係機関などとの協議で決定するとしている。

 改ざんの有無を確認する文書が見つからないことなどが確認の遅れの要因となっている。斉藤専務は、「それぞれの購入者や建物所有者に対して、私どもがしてしまったことに関して多大なご迷惑をお掛けして申し訳ない」と謝罪し、「今は(該当施設を)特定してリストを増やしていくことが最も重要」として調査に全力を挙げる姿勢を示した。


関連キーワード: 庁舎 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (10.3k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.4k)
「北24条桜大橋」に決定 豊平川の新橋名称...
2020年12月17日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.7k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第198回は「お正月のお酒」。休息や水分の補給を充分にとりながら、お家でゆっくり楽しみましょう。