江差町の鴎島灯台が「恋する灯台」に認定

2018年10月29日 12時00分

 江差町の鴎島灯台がこのほど、日本財団と日本ロマンチスト協会から「恋する灯台」認定を受けた。道内では3番目の認定。町は、今後展開する北の江の島構想によるにぎわいづくりの追い風となる認定に「若い人に喜んでもらえる町になれば」と期待を込めている。

古城を感じさせるフォルムと歴史ロマンが評価された

 両団体は2016年度から「恋する灯台プロジェクト」として日本全国の灯台から「ロマンスの聖地」を選定している。

 灯台をふたりの未来を見つめる場所として捉え、地域の観光資源として再価値化するのが目的。道内ではこれまでに湯沸岬灯台(浜中)と神威岬灯台(積丹)が認定を受けた。

 非日常や物語性、到達感、創造性、最果て感、造形美を感じさせることが審査基準で、9月28日に認定を受けた。

 鴎島灯台は、江戸時代後期、江差に来る北前船のために設けられた常夜燈。1889年に木造の灯台に、1951年にコンクリート造に建て替えられ、現在の姿になった。

 西洋の小さな古城を連想させるような造形と、島の「弁慶の足跡」といった伝説や江戸末期から大正時代の建物が立ち並ぶ街並み、開陽丸といった歴史ロマンが評価された。

 江差町は、北の江の島構想でかもめ島周辺再整備を計画。にぎわい創出を目指すに当たり、今回の認定が後押ししてくれそうだ。


関連キーワード: 観光 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,124)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,082)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。