復興への思い新たに 震災から2カ月 厚真町で犠牲者追悼

2018年11月07日 20時00分

 北海道で初の最大震度7を観測した北海道胆振東部地震の発生から、2カ月がたった。土砂崩れで36人が亡くなった厚真町では6日正午、役場庁舎前で宮坂尚市朗町長と職員らが犠牲者を悼み、黙とうをささげた。

 黙とう後、宮坂町長はこの2カ月間を振り返り、「被災した方の日常生活を一刻も早く取り戻そう、財産をなくした方々の生業を取り戻そうと苦心してきた」と話し、各方面からの支援に感謝。「一日一日が非常に長かったが、新しい目標をしっかりと定め、歴史をつづっていくため、さまざまな工夫と努力をしなければならない」と述べ、復興への思いを新たにした。

宮坂厚真町長らが黙とうをささげた

 また、「堆積土砂と災害廃棄物、農地や河川、道路、宅地、山腹に広がっているがれきの処理などの災害復旧事業をいかにスピーディーに合理的に進めるか調整が難しくなっている。堆積土砂の捨て場確保が喫緊の課題だ」と話した。

 厚真町、安平町、むかわ町では1日から、3町で合計130戸の仮設住宅への入居を開始。2期分として合計93戸が月末までに完成する予定だ。このほか、3町では災害公営住宅の建設を視野に入れている。(苫小牧)


関連キーワード: 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 川崎建設
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。