札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定

2018年11月14日 07時00分

 札幌駅北口8・1地区市街地再開発準備組合(札幌市北区北8条西1丁目、田中重明理事長)は9日の臨時総会で、北8西1地区第1種市街地再開発の特定業務代行者に大成建設・伊藤組土建共同体を選定した。計画する地上50階建て、延べ12万m²の再開発ビル新築で設計、施工を担う。2019年度の着工、22年度末の完成を見込んでいる。

 代行者選定を委託していた、都市みらい推進機構(本部・東京)の答申を受けて選定した。後日契約する。

 都市計画決定によると、再開発ビルはRC造、地下2地上50階、延べ12万1500m²の規模。640戸の分譲マンションを中心にホテルやオフィス、商業施設から成る複合ビルとする。コーディネーターは日本設計、設計は日本設計とドーコンがそれぞれ担当した。

 JR札幌駅周辺と再開発ビルを地下通路で直結させるため、地下鉄東豊線さっぽろ駅コンコースを北側に140m延伸する都市計画変更の手続きを進めている。総事業費は計画変更前の18年度当初で482億円を見込んでいる。

 札幌市都市計画審議会に示した事業スケジュールによると、12月の都市計画変更後、19年3月をめどに地権者らが、都市再開発法に基づき再開発を施行する市街地再開発組合を設立。19年度の権利変換手続きなどを経て、既存施設の解体と再開発ビル新築に着工する予定だ。22年度末の完成、23年度の開業を見込んでいる。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル マンション

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。