道内35市の18年9月新設住宅着工戸数

2018年12月01日 12時00分

 道内35市の2018年9月新設住宅着工戸数は、前年同月比14%減の2720戸だった。分譲住宅が増加したものの、そのほかの住宅で減少し、2カ月ぶりにマイナスに転じた。

 利用関係別の内訳を見ると、持ち家は17.7%減の760戸と3カ月連続で減少。貸家は15.9%減の1574戸、給与住宅が88.6%減の10戸だった。分譲住宅は33.8%増の376戸と唯一前年を上回った。

 最多の札幌は1336戸で27.5%減少。持ち家が23.2%減の295戸、貸家が40%減の735戸、給与住宅が67.9%減の9戸、分譲住宅が42.8%増の297戸だった。

 次いで多かったのは千歳で貸家が3・1倍の212戸となるなど全体で2・2倍の242戸と大幅に増加した。3番目は旭川の223戸。貸家が85.1%増の137戸と大幅に増加し、全体で46.7%増えた。

 町村部の合計は11.5%減の433戸。利用関係別では持ち家が7.2%減の193戸、貸家が36.4%減の161戸、給与住宅が2・6倍の73戸、分譲住宅は6戸だった。

 18年の累計は35市が4.9%減の2万3004戸、町村部が7.8%減の3274戸となっている。

会員サイト「e-kensinプラス」でも、建築関係統計を無料公開しています。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (4,926)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (4,162)
札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定
2018年11月14日 (3,430)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,453)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,295)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第148回は「血が下がる」。アルコールは血圧を急に下げる原因にもなります。盛り場でもお気をつけを。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座からnew

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。