道内35市の18年9月新設住宅着工戸数

2018年12月01日 12時00分

 道内35市の2018年9月新設住宅着工戸数は、前年同月比14%減の2720戸だった。分譲住宅が増加したものの、そのほかの住宅で減少し、2カ月ぶりにマイナスに転じた。

 利用関係別の内訳を見ると、持ち家は17.7%減の760戸と3カ月連続で減少。貸家は15.9%減の1574戸、給与住宅が88.6%減の10戸だった。分譲住宅は33.8%増の376戸と唯一前年を上回った。

 最多の札幌は1336戸で27.5%減少。持ち家が23.2%減の295戸、貸家が40%減の735戸、給与住宅が67.9%減の9戸、分譲住宅が42.8%増の297戸だった。

 次いで多かったのは千歳で貸家が3・1倍の212戸となるなど全体で2・2倍の242戸と大幅に増加した。3番目は旭川の223戸。貸家が85.1%増の137戸と大幅に増加し、全体で46.7%増えた。

 町村部の合計は11.5%減の433戸。利用関係別では持ち家が7.2%減の193戸、貸家が36.4%減の161戸、給与住宅が2・6倍の73戸、分譲住宅は6戸だった。

 18年の累計は35市が4.9%減の2万3004戸、町村部が7.8%減の3274戸となっている。

会員サイト「e-kensinプラス」でも、建築関係統計を無料公開しています。


関連キーワード: 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,154)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,973)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,746)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,657)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,496)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。