清田区里塚地震被害 道路・宅地復旧来月初弾公告

2019年01月21日 18時00分

 札幌市が北海道胆振東部地震で大きな被害を受けた清田区里塚地区の道路・宅地復旧に、49億7000万円を見込んでいることが分かった。このうち約40億円を2019年度当初予算と18年度補正に計上する見通し。全体で数工区の分割が有力。初弾は被害エリアと幹線道路を結ぶ市道里塚21号線周辺部を2月にも公告する。

 液状化地盤が流出して道路や宅地に大きな陥没、沈下被害のあった里塚地区は、宅地を一体で復旧し、地盤改良で再発防止を施す方針を固めている。

 復旧費は18年3定議会で調査費など3億円を措置済み。今後、工事着手に向け19年の1定補正に3億3500万円を計上し、3定補正の残額と合わせ、初弾工事となる里塚21号線の地盤改良に充てる考え。道路部の改良には深層混合処理を想定している。

 近く発表する19年度予算案には、本格的な復旧費として33億3000万円を計上。エリア内の道路路盤や暗渠、道路の地盤改良に11億6500万円、薬液注入を施す宅地部の地盤改良に21億2000万円を充てる。

 工区割りは、エリア内のふくそう緩和のため可能な限り抑え、道路と宅地の一体で工事を進める方針。今月下旬の災害査定結果を踏まえ判断する。

 20年度以降、道路の路面復旧などに10億円を計上し、地区の復旧を完了するスケジュールを描いている。


関連キーワード: さっぽろ圏 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。