道庁本庁舎のKYB製免震ダンパー 全12基が不適合

2019年01月25日 12時00分

 KYB(本社・東京)による免震・制振オイルダンパーの性能検査データ改ざん問題で、道庁本庁舎に設置された同社製の免震ダンパー全12基が大臣認定基準に適合しないことが分かった。

 KYBは昨年10月、データ改ざんの可能性がある施設を公表したものの、道庁本庁舎の免震ダンパーについてはデータの有無を調査中としていた。道総務部によると、データの存在は昨年末に判明。12月19日にKYBがデータ改ざん追加事象を発表後、同部の問い合わせを受けて調査した結果、データの存在を確認したという。本庁舎内のダンパーは基準値から最大で約22%乖離(かいり)し、全12基が大臣認定基準を満たしていなかった。

 今後はダンパーの安全性の検証結果について、今月末までに第三者機関が確認を実施する予定。


関連キーワード: 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • イイファス
  • 東宏

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。