新函館北斗駅前に2100m²のホテル新築

2019年02月04日 12時00分

 川翔プログレス(東京都港区芝浦1丁目4の1、川嶋浩嗣社長)は、新函館北斗駅前でホテル新築を計画している。グループの合同会社セルツェ新函館北斗(本社・北斗、川嶋浩嗣代表社員)が12月の開業を目指して建設している東横イン新函館北斗駅前の隣接地。2020年夏の開業を目指す。

 規模はS造、9階、延べ約2100m²。3―9階にツインとダブル合わせて75室を設ける予定。1階にコンビニエンスストアを誘致し、2階にグループ企業の飲食店を配置する考えだ。

 建設地は北斗市市渡1丁目4の7。総事業費は約7億5000万円を見込む。

 合同会社セルツェ新函館北斗は、市渡1丁目4の1で東横イン新函館北斗駅前(S造、14階、延べ4363m²)を建設中。新函館北斗駅前でのホテルは、17年3月にオープンしたホテルラジェントプラザ函館北斗と合わせて3棟目となる。


関連キーワード: ホテル 建築 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。