新函館北斗駅前に2100m²のホテル新築

2019年02月04日 12時00分

 川翔プログレス(東京都港区芝浦1丁目4の1、川嶋浩嗣社長)は、新函館北斗駅前でホテル新築を計画している。グループの合同会社セルツェ新函館北斗(本社・北斗、川嶋浩嗣代表社員)が12月の開業を目指して建設している東横イン新函館北斗駅前の隣接地。2020年夏の開業を目指す。

 規模はS造、9階、延べ約2100m²。3―9階にツインとダブル合わせて75室を設ける予定。1階にコンビニエンスストアを誘致し、2階にグループ企業の飲食店を配置する考えだ。

 建設地は北斗市市渡1丁目4の7。総事業費は約7億5000万円を見込む。

 合同会社セルツェ新函館北斗は、市渡1丁目4の1で東横イン新函館北斗駅前(S造、14階、延べ4363m²)を建設中。新函館北斗駅前でのホテルは、17年3月にオープンしたホテルラジェントプラザ函館北斗と合わせて3棟目となる。


関連キーワード: ホテル 建築 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.4k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.2k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1.1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 道央3市
にぎわい取り戻せ
new

道央圏3市の商工会議所、商工会のトップに、現状の打破とにぎわい回復に向けた取り組みについて聞く。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。