室蘭市の旧総合福祉センター敷地 道内初のマイナス入札に

2019年03月05日 15時00分

 室蘭市が1日実施した、旧総合福祉センター敷地の一般競争入札が、負担金付き土地無償譲渡(マイナス入札)で落札された。全国2例目で、道内では初となる。落札者は高齢者福祉施設を運営する、さわやか倶楽部(本社・北九州)。入札額はマイナス881万4000円だった。

 対象は室蘭市天神町271の64に位置する同センター跡地。

 民間利用を促すため、解体が必要となる旧センターなど2棟を含め、最低入札価格をマイナスとする、解体条件付き土地売買兼市有地流動化負担金付き土地無償譲渡の一般競争入札を実施した。

 同方式では、入札者の土地評価がその土地にある建物の解体費などより高い場合、入札額がプラスとなって土地売買に移行。逆に解体費を下回ると、その差額は市が負担する「市有地流動化負担金付き土地無償譲渡」となる。

 マイナス入札による落札は、国内では昨年12月に埼玉県深谷市が実施した体育館施設売却に続き2度目。

 室蘭市での実施は2度目だが、1度目はマイナス入札には至らなかった。

 今回の入札に関して、青山剛市長は「地方都市で高額な建物解体費が障害となり活用が難しくなる恐れのあった土地を、素早く開発してもらう手法として有効。今後も遊休資産に関して地域活性化に役立つような工夫を凝らしたい」とコメントした。

室蘭市のマイナス入札

 室蘭市が最低入札価格をマイナスとする入札方式を採用したのは今回で2度目で、初回は17年度に実施した旧室蘭地方高等職業訓練校跡地の入札。この時はプラス5万円でアールアンドイー(本社・登別)が落札している。


関連キーワード: 入札情報

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,053)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,997)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,514)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,445)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,337)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。