353t貯蔵可能な貯氷施設を建設 雄武町

2019年03月08日 12時00分

 雄武町は、貯氷施設建設に着手する。町内の水産加工業者や漁業者が鮮度保持用に使用する氷を貯氷するための施設で、S造、平屋一部2階、延べ380m²の規模を想定している。町は6日開会の第1回定例町議会に事業費3億7050万2000円を繰り越し明許費として補正計上し、設計と外構の一部は3月下旬にも指名競争入札を行う予定。8月ごろの着工を予定しており、2019年度内の完成を目指す。

 これまで民間事業者の貯氷施設を利用してきたが、事業者の撤退や施設の老朽化により、町が主体となる施設建設を決めた。国の水産業競争力強化緊急施設整備事業補助金18年度補正分に採択される見通しであることから、19年度予算案には盛り込まず、18年度予算から繰り越し明許費として補正計上されることとなった。

 建設地は雄武1737の2。353㌧の氷を保管できる見通し。2階には機械室などが設けられる。

 建設工事は、建築、電気、給排水、機械設備と、外構2件の6分割で進める方針。外構のうちの1件は設計とともに3月下旬にも指名競争入札を実施する見通しで、残りの5件は8月ごろの入札を予定している。


関連キーワード: 水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,996)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,129)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,827)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,407)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,162)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。