ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング

2019年03月13日 07時00分

 RIZAPグループのタツミプランニング(横浜市西区みなとみらい2丁目3の5、長谷川亨社長)は、所有するディノス札幌中央ビルの売却を検討している。核テナントを運営するスガイディノス(本社・札幌)は、6月で退去する理由について「ビル売却に向け、契約満了での閉店となった」と話している。

 札幌市中央区南3条西1丁目8にあるディノス札幌中央ビル(SRC造、地下2地上9階、延べ1万1111m²)は1968年の建設。スガイディノスが運営するゲームセンターやボウリング場、映画館のスガイディノス札幌中央のほか、居酒屋やカラオケボックスなどがテナントとして入居している。築50年以上が経過し、耐震不足や老朽化が課題となっている。

南3西1にあるディノス札幌中央ビル

 同ビルと土地1350m²は、18年12月26日に同じくRIZAPのSDエンターテイメント(本社・札幌)から、タツミプランニングに所有権が移転した。タツミプランニングはビルの今後について「まだ何も決まっていない」としている。

 地下鉄南北線すすきの駅や東豊線豊水すすきの駅から近く、用途地域は建ぺい率80%、容積率800%の商業地域。周囲には、飲食店や事務所などが入居するテナントビルが密集している。

 スガイディノスは都心部の移転先を模索中。既存ビルの入居や自社建物の新築といった選択肢が考えられるが、「現時点で未定」としている。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,233)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,468)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,442)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,079)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。