ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング

2019年03月13日 07時00分

 RIZAPグループのタツミプランニング(横浜市西区みなとみらい2丁目3の5、長谷川亨社長)は、所有するディノス札幌中央ビルの売却を検討している。核テナントを運営するスガイディノス(本社・札幌)は、6月で退去する理由について「ビル売却に向け、契約満了での閉店となった」と話している。

 札幌市中央区南3条西1丁目8にあるディノス札幌中央ビル(SRC造、地下2地上9階、延べ1万1111m²)は1968年の建設。スガイディノスが運営するゲームセンターやボウリング場、映画館のスガイディノス札幌中央のほか、居酒屋やカラオケボックスなどがテナントとして入居している。築50年以上が経過し、耐震不足や老朽化が課題となっている。

南3西1にあるディノス札幌中央ビル

 同ビルと土地1350m²は、18年12月26日に同じくRIZAPのSDエンターテイメント(本社・札幌)から、タツミプランニングに所有権が移転した。タツミプランニングはビルの今後について「まだ何も決まっていない」としている。

 地下鉄南北線すすきの駅や東豊線豊水すすきの駅から近く、用途地域は建ぺい率80%、容積率800%の商業地域。周囲には、飲食店や事務所などが入居するテナントビルが密集している。

 スガイディノスは都心部の移転先を模索中。既存ビルの入居や自社建物の新築といった選択肢が考えられるが、「現時点で未定」としている。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,434)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,283)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,196)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,110)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,803)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。