北見市がカーリングホール建設 20年10月供用目指す

2019年03月14日 12時00分

 北見市は、2019年度からカーリングホール建設に着手する。国の地方創生拠点整備交付金18年度補正分として5億9576万4000円の採択を受けた。規模はS造、平屋、延べ1750m²の予定で、19年度初めに設計を発注し、同年度内に着工する見通し。2カ年で工事を進め、20年10月の供用開始を目指している。総事業費は約13億円で、本体の建設費は10億2300万円と想定している。

 北見市内には常呂自治区のアドヴィックス常呂カーリングホールと、北見自治区の河西建設カーリングホールがある。河西建設カーリングホールは、市民などへの競技普及を目指し、初心者向け講習会、地域の大会などを行っているほか、北見工大と公立はこだて未来大の共同研究グループによるカーリングストーンのコントロールに関する実験にも利用されている。

 一方、施設の老朽化などが課題となっていることや、平昌五輪銅メダリストの女子チーム、ロコ・ソラーレの活躍により競技への注目度が高まったことで、北見自治区内への新たなカーリング場整備を求める声が強くなっていた。市は、今回建設するカーリングホールを河西建設カーリングホールの後継施設として考えており、客席などは設けない予定だ。

 新カーリングホール建設地は、柏陽町の北見ハイテクパーク内で北見工大社会連携推進センターなどに隣接する市有地。敷地面積は5300m²。施設規模はS造、平屋、延べ1750m²を予定している。

 通年型で、3シートを設ける見込み。河西建設カーリングホールで実施されている実験結果などを実用化した、技術力向上を支援するシステムの導入も考えている。駐車場は40―50台分整備する。

 設計は19年度に入り次第速やかに発注する運びで、現在、入札方法などの検討を進めている。19年度内に設計を完了させ、着工したい考えで、20年10月の供用開始を目指して事業を進める。

 河西建設カーリングホールの後継施設として北見工大もカーリング場建設を検討していたが、同大担当者は「市による建設が決まったこともあり、北見工大によるカーリング場建設はない」と話している。


関連キーワード: オホーツク スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。