旧三菱鉱業寮、登録有形文化財へ

2019年03月21日 12時00分

 札幌市の旧三菱鉱業寮が、国の登録有形文化財に登録される。文化庁の文化審議会は18日開いた文化財分科会で、文部科学相に答申したのを受け、今夏にも官報告示する。

 寮は三菱鉱業の福利厚生用クラブハウスとして1937(昭和12)年ごろ、明治建築の旧永山武四郎邸(中央区北2条東6丁目)に増築する形で完成した。

登録有形文化財となる旧三菱鉱業寮

 木造、2階で面積は延べ524m²。切り妻造りの洋館で、妻には木造骨組みを表面に見せるハーフティンバー様式を用いた。下見板張りにモルタル仕上げを組み合わせ、丸窓などをあしらった大正、昭和初期の洋館デザインが特徴だ。

 市の登録希望を受け文化庁が調査。分科会で審議の結果、当時のクラブ建築の規範として登録の登録を答申した。

 登録有形文化財は50年を経過した歴史的建造物のうち一定の評価を得たものを文科相が登録する制度。市内には明治から昭和初期の建造物で16施設24物件あり、同寮は25件目となる。


関連キーワード: さっぽろ圏 建築 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,057)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,507)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,451)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。