白鳥大橋の桁塗装補修がピークに 室蘭開建

2019年05月02日 09時00分

 室蘭市のシンボル、長大つり橋の白鳥大橋が2019年度、塗装補修のピークを迎える。橋桁の老朽化を防止するために施された表面塗装を大規模に塗り直す工事が、2018年度に続き本年度も展開。交通要衝である同橋の長寿命化が図られる=写真。

 絵鞆半島先端に位置する祝津町と対岸の陣屋町を結ぶ白鳥大橋は、1998年に開通。昨年20周年を迎えた。橋長は1380㍍の超長大橋で、寒冷地では珍しいつり橋形式を採用している。

 所管する室蘭開建の佐藤茂一道路計画課長は「橋の塗装は通常15年程度で劣化のため塗り直しが必要。塗装で防護した橋桁の塩害を防止できる」と話す。

 18年度は2基ある主塔の間720㍍区間のうち、延長約400㍍を施工。19年度は290㍍を進める。公告済みで、6月13日の入札を控えている。(室蘭)


関連キーワード: 国交省 橋梁 胆振 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。