1回で5ha計測 ズコーシャがUAVレーザーシステム導入

2019年04月18日 12時00分

 ズコーシャ(本社・帯広)は、ドローンに高性能レーザースキャナーを搭載したUAVレーザーシステム「エアライダー」を導入した。1回のフライトで約5haを計測。現地測量では立ち入りが難しい場所でも高精度な計測が可能だ。測量業務の省力化が図られるほか、災害時の計測に活用できる。

ドローンの機体中央下にレーザースキャナーを搭載した

 ドローンにRIEGL社製のレーザースキャナーを搭載したシステム。導入したのは道内3社目で、道東では初めて。

 縦横2・25m四方で収まるサイズで、機体重量は約23㌔。レーザースキャナーがスキャンできる範囲は330度で、1秒間に50万点を測定する。スキャナーの両側にはカメラが付いているため、写真による色の情報を組み合わせることができる。

 山間部などでドローンを使って写真測量をする場合、植生する樹木に遮られてその下の地盤を計測するのは難しい。このシステムでは、高密度で照射したレーダーが樹木の隙間を抜けて地盤のデータを捉える。3次元データを直接取得するため、写真測量より解析時間を短縮することができる。

 藤山真一空間情報課長は「一般的な現地測量で計測に10日程度かかるような場所でも1、2日で終わらせることができる」と話す。10分間という飛行時間の関係上、計測場所近くでの離発着が条件だが、人が立ち入れない場所でも使用可能だ。

 最高測定飛行高度は350m。航空機によるレーザー測量では高度が低くて計測できない250分の1スケールなど小縮尺の位置情報が取得できるため、航空測量の補完としても活用できる。

 16日に帯広市内で開いた説明会の参加者からは「災害現場など人が行けそうにない所で使えるのは有効」との声があった。

 


関連キーワード: ICT ドローン 測量

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,820)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,214)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,004)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。