道内の産廃最終処分場 残り13年で満杯に

2019年04月18日 18時00分

環境省が16年度時点でまとめる

 環境省は、産業廃棄物施設の2016年度残存容量や設置状況をまとめた。道内における産業廃棄物最終処分場の残存容量(17年4月1日現在)は、前年度比3.5%減の939万2657m³。推計の残余年数は13・2年で0・5年短くなり、全国平均の17年を下回った。

 中間処理施設と最終処分場を合わせた産廃施設数は、4施設減少し1622施設となった。

 最終処分場の残存容量は、遮断型が2万2657m³、安定型が513万m³、管理型が424万m³という内訳だった。残存容量を最終処分量(16年度は71万2000㌧)で除し、換算比を1とした推計の残余年数は13・2年。前年度の13・7年から0・5年短縮した。

  産廃施設の設置状況を見ると、中間処理施設が前年度から5施設減って1330施設、最終処分場が1施設増の292施設だった。中間処理施設は木くず・がれき類の破砕施設が870施設、廃プラスチック類の破砕施設が166施設など。最終処分場の内訳は、遮断型が10施設、安定型が166施設、管理型が116施設となっている。  

 産業廃棄物処理業の許可件数は26件減の5836件だった。政令市・中核市では札幌市が126件、函館市が37件、旭川市が93件。特別管理産業廃棄物処理業の許可件数は27件下回る6383件で、札幌市149件、函館市46件、旭川市114件となっている。

  一方、産業廃棄物処理業の許可取り消しは2件多い5件だった。特別管理産業廃棄物処理業の許可取り消し、産業廃棄物処理施設の設置取り消しはいずれもなかった。  

 全国を見ると、最終処分場の残存容量は1億6777万6419m³で、残余年数は17年だった。首都圏は、残存容量が7.9%減の1411万m³。残余年数は0・8年延びて5・6年となったものの、依然として厳しい状況にある。


関連キーワード: 環境省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,183)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,684)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,236)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,583)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,541)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。