新冠町が220kmの光ケーブル整備 1期を5月に公告

2019年04月23日 15時00分

 新冠町は、2019年度から2カ年で、高速インターネットサービスを提供する総延長約220㌔の光ケーブルを町内全域で整備する方針だ。総事業費12億円を見込む。2期に分けて施工し、1期約130㌔分の事業者を公募型プロポーザル方式で5月中旬にも公告。国の補助決定後、6月の町議会に上程する補正予算案議決を経て契約締結し、工事に入る。

 1期は西泊津、東泊津、高江、朝日、緑丘、古岸、大富、万世、明和、新栄、泉、岩清水、若園、節婦町。2期の20年度には大狩部、共栄、東川、美宇、新和、太陽、里平で整備する。

 主な事業内容は、NTTや北電柱への光ケーブルの架線だが、新たに建柱が必要な場合もある。利用希望場所の近くに電柱がなければ、私有地への建柱も検討するため、事業説明会などを開催し、円滑な事業実施を目指す。

 1期分の公募では架線工事の実施、通信事業の管理、運営を一括で担える事業者を選定。事業費約7億円のうち、国の無線システム普及支援事業費等補助金を活用する。

 数年前から整備を望む住民の声を受け、町は早期に全域の光回線網を実現させたい考え。

 サービス提供に当たり、450回線以上の事前申し込みが必要となるため、26日まで町民らの加入を受け付けている。19日時点で220回線の応募があった。エリア内の朝日小も含まれ、通信格差解消が期待されている。


関連キーワード: 日高

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,733)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,098)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,598)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。