湧別町がバイオガスプラント検討へ 建設費44億円試算

2019年06月20日 15時00分

 湧別町が、町内関係団体と共に、家畜のふん尿などを活用したバイオガスプラント建設に向け、検討を進めていることが明らかになった。2018年度に町内酪農家を対象に実施した調査では、20戸が事業に参加する意向を表明。参加予定の酪農家が飼育する乳牛頭数から想定されるプラント数は、個別型5基、集中型3基の計8基で、建設費は約44億円と試算している。

 18日に実施した定例町議会一般質問で、石田昭広町長が言及した。検討に至る背景について石田町長は「農協などから、ふん尿の適正処理、有効活用のためバイオガスプラント建設を求める声があった」と説明。その上で「町内の乳牛頭数が管内最多であることや、酪農家の規模拡大が進んでいる様子を見て、プラント建設が望ましいのではと考えている」と自身の見解を述べた。

 18年度に同町、農協、漁協などで構成する湧別町バイオマス推進協議会を設立し、家畜ふん尿の有効活用に向けた調査・研究を開始。町内酪農家を対象とした調査では、ふん尿の排出量、処理方法、バイオガスプラント事業への参加意思などを聞き、20戸の酪農家から参加の意向を得た。

 19年度も引き続き、酪農家への詳細調査を実施し、新たな事業参加者の洗い出し、電力・余剰熱の地産地消利用に向けた検討を進める方針。プラント建設の実現性、建設場所、規模などについては19年度の調査結果を基に決定する見通しだ。

 また、石田町長は、役場内にバイオマス産業都市構想策定プロジェクトを設け、同構想策定に関する検討を進めていることも報告。

 バイオガスプラント建設の事業主体に関しては「農協、生産者団体などが主体になると考えられる」と説明した。


関連キーワード: 農林水産 酪農

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,707)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,283)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,953)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,811)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,292)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。