26年冬季五輪はイタリア 秋元札幌市長、30年招致へ意欲

2019年06月26日 18時00分

 2026年冬季五輪開催地が24日、イタリアの2都市に決まった。30年大会招致を目指す札幌市の秋元克広市長は「招致レースが実質的にスタートする」と談話を発表。市民理解が得られるよう対話を重ねながら、コスト抑制など開催計画の見直しを進める考えを示した。

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、スイスのローザンヌで総会を開き、26年大会の開催地にイタリアのミラノ、コルティナダンペッツォの2都市を選出した。同国開催は、06年トリノ以来で夏冬合わせ4度目。

 委員投票の結果、同じく2都市開催を提案したスウェーデンのストックホルム、オーレは47対34(棄権1)で敗れた。

 26年大会は当初、札幌市を含む7都市が立候補を表明していたが、最後は2候補の争いになった。

 近年は巨額の財政負担が地元の反発を招くなどして、五輪開催の立候補が少なく、招致熱が冷え込む傾向にある。このためIOCは、コスト削減に向けた大会基準の見直しを進め、招致プロセスの改革を検討している。

 26年大会では、2候補が複数都市の開催を提案するなど広域化を容認する方向。札幌市が招致を目指す30年大会は、さらに選定方向が大幅に見直される見通しで、市は改革の動向を見据えながら招致レースに挑む方針だ。

 一方、国内支持率が重要な要因になることが明確になった。IOC評価報告書では国内支持率がイタリア83%に対し、スウェーデンは55%。IOCのバッハ会長は決め手を「国民の支持率の差だと思う。それは政府の支援にもつながる。多くの委員に明確なシグナルになった」と述べた。

 招致賛成と反対がきっ抗している札幌市の招致関係者は、地元や国民理解が重要な要素と指摘。コスト抑制に向け計画見直しを進めながら、8月以降、市民対話を重ね機運を高める姿勢だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,096)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,964)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,496)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,472)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,303)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。