19年度医療提供体制施設整備 道内内示は7事業1.6億円

2019年07月11日 07時00分

 道保健福祉部は、厚生労働省の2019年度医療提供体制施設整備交付金について道内対象事業者をまとめた。森山病院(旭川市)や北海道医療センター(札幌市)など6施設8事業に交付を予定。内示総額は1億5622万3000円で、交付額の最終決定は20年1月ごろの見込みだ。

 同交付金は、医療計画の推進や施設環境の改善に関する事業を対象に、病院などの整備に必要な経費を補助するもの。

 道内分の内示額は、18年度からの繰り越し分が1億4295万6000円、19年度当初予算分が1326万7000円という内訳になっている。

 交付対象となる8事業のうち、医療施設等耐震整備事業は森山病院のみ。建物が老朽化し、地震発生時に適切な医療体制の維持が担保できないため建て替える。また4事業で、受水槽や給水設備の更新・設置など災害拠点病院としての機能確保を図る。北海道医療センターは八雲病院への筋ジストロフィー治療などの機能移転に当たり、自家発電機や屋上ヘリポートの整備を進める。

 2019年7月11日付の北海道建設新聞(1面)から抜粋。対象となる事業者の所在地、事業名、整備区分は本紙をご覧ください。

関連キーワード: 医療福祉 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,142)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,931)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,106)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,735)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,508)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。