愛別ダムの小水力発電設備更新 22日に一般競争で公告

2019年07月18日 07時00分

 旭川建管は22日付で、愛別ダムの小水力発電設備更新を制限付き一般競争で公告する。老朽化が進む水車や発電機、配電盤、制御盤の更新を施す。工事費には約4億5000万円を見込み、2022年9月30日までの工期で工事を進める予定だ。

 愛別町協和地先にある愛別ダム[MAP↗]は、1987年に完成した。堤高39m、堤長370m、総貯水量950万m³の重力式コンクリートダム。有効落差は19・42mで、水車の最大出力は290㌔㍗ある。

 老朽化した設備では最大出力での稼働は難しく、現在は100㌔㍗程度を出力し、施設の維持管理に充てている状況にある。

 ダムの完成から30年以上が経過し、水車や発電機、配電盤、制御盤などの老朽化が進んでいるため、発電設備の更新を進める方針を決めた。

 更新後の最大出力は変わらず、有効落差は21・69mとなる見通し。設備の更新後は電力の余剰分があれば、固定価格買い取り制度(FIT)で北電に売電を実施する計画だ。

 特定共同体の募集は31日、参加申請書の受け付けは8月7日まで。9月5日に開札する予定となっている。

 建管としては今後、北電と売電に向けて協議を進めるほか、本年度は北海道経済産業局にFITの設備認定を申請する見込みだ。


関連キーワード: MAP ダム 上川 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,331)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,605)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,558)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,434)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。