シンセメック 石狩市内の本社隣接地で工場新築

2019年07月23日 18時00分

 オーダーメードの加工機械や生産ライン設備の製造を手掛けるシンセメック(石狩市新港西2丁目788の7、布川丈嗣社長)は工場新築を計画し、来春にも着工する予定だ。これから施工業者を選定。2020年10月の稼働を目指す。

 新工場には大型加工機を導入。大型部材の加工と組み立てを一貫してできるようにすることで、全国からの受注拡大を図る。

 現在設計を進めているが、規模について同社は「明らかにできる段階ではない」としている。

 建設地は石狩湾新港工業団地内にある本社[MAP↗]隣接地。6月に北海道物流開発(札幌)から約6500㎡を取得した。敷地のうち約1500㎡は工場用地に活用。残る約5000㎡は、将来的な事業拡大に向けて確保している。

 同社は1950年に切削加工を主とした機械工場を設立。81年に法人化した。オーダーメードの加工機、組み立て機、計測検査機などの自動省力化装置や、食品業界向けの専用機・専用ラインなどを製作。自動車業界向けの機械は、国内だけでなく、北米や南米、ヨーロッパ、アジアへと出荷されている。


関連キーワード: さっぽろ圏 工場 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,712)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,280)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,957)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,730)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,293)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。