東陽製袋が経営多角化でチーズ製造へ 工場新築の地鎮祭

2019年08月07日 12時00分

 チーズ製造工場の仮称ToyoCheeseFactory新築の地鎮祭が5日、現地で開かれた。施主である東陽製袋(本社・芽室、長原覚社長)の社員や工事関係者ら30人が出席。2020年2月末の完成に向けて工事の無事を願った。

 同社では、経営多角化の一環としてチーズ製造を検討。5年前から十勝管内の鹿追チーズ工房で従業員2人を研修させ、事業化に向けて準備を進めてきた。

 建設地は本社[MAP↗]東側に位置する社有地の芽室町東芽室基線1の1で、規模はS造、2階、延べ899m²。設計、施工一括で宮坂建設工業が受注している。

 地鎮祭では神主による祝詞奏上の後、長原社長がクワ、宮坂建設工業の宮坂寿文社長がスキを入れた。

スキを入れる宮坂社長

 長原社長は「時代に合った衛生管理の行き届いた製品を目指す。安全な工事をお願いしたい」と呼び掛け、宮坂社長は「十勝管内でも有数のチーズ工場になる。交通量の多い場所なので交通安全に注意し施工を進めたい」と気を引き締めていた。


関連キーワード: MAP 新築 製造

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,512)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,395)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,239)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,720)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,673)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。