東陽製袋が経営多角化でチーズ製造へ 工場新築の地鎮祭

2019年08月07日 12時00分

 チーズ製造工場の仮称ToyoCheeseFactory新築の地鎮祭が5日、現地で開かれた。施主である東陽製袋(本社・芽室、長原覚社長)の社員や工事関係者ら30人が出席。2020年2月末の完成に向けて工事の無事を願った。

 同社では、経営多角化の一環としてチーズ製造を検討。5年前から十勝管内の鹿追チーズ工房で従業員2人を研修させ、事業化に向けて準備を進めてきた。

 建設地は本社[MAP↗]東側に位置する社有地の芽室町東芽室基線1の1で、規模はS造、2階、延べ899m²。設計、施工一括で宮坂建設工業が受注している。

 地鎮祭では神主による祝詞奏上の後、長原社長がクワ、宮坂建設工業の宮坂寿文社長がスキを入れた。

スキを入れる宮坂社長

 長原社長は「時代に合った衛生管理の行き届いた製品を目指す。安全な工事をお願いしたい」と呼び掛け、宮坂社長は「十勝管内でも有数のチーズ工場になる。交通量の多い場所なので交通安全に注意し施工を進めたい」と気を引き締めていた。


関連キーワード: MAP 工場 新築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。