20床を確保、老健は存続へ 白老町の国保病院改築

2019年08月27日 07時00分

 白老町は町立国民健康保険病院改築に関し、公設公営で病床20床以上を確保することを基本方針に据えた。また、改築に伴い閉鎖を検討していた病院併設の老人保健施設きたこぶしは、存続させることとした。方針を踏まえた具体的な計画は秋以降に策定する。

 23日の町議会町立病院改築基本方針調査特別委員会で、戸田安彦町長が示した。

 町は2016年5月に43床程度とする基本構想を策定したが、17年11月に公設民営、指定管理者制度を導入した病床数ゼロの無床診療所とする方針を発表。その後、18年5月に公設公営での有床に方針転換していた。

 戸田町長が示した改築の方向性では、昨年5月に示した地域完結型医療を基本とし、入院機能を保持し、経営安定化を念頭に公設公営とする基本的な考えは変わらない。さらに急性期患者の受け入れに対応する急性期病床の一部を地域包括ケア病床へ転換するなど、回復期患者の受け入れ体制の充実を図る。

 老健施設きたこぶしは、介護医療院への転換導入も視野に入れながら、町内唯一の医療機関併設型介護機能を維持する。人口構造の変化を見据え、医療と介護福祉を一体的に提供できる病院となるよう検討を進める。

 改築計画に着手するのは、10月の町長選と町議選後になる。新病院の開設時期については、25年度までを目標とするにとどめた。

 既存病院[MAP↗]は1966年11月の完成で、RC造、地下1地上3階、延べ4058m²の規模。建物、器械備品とも老朽化が進んでいる。


関連キーワード: 医療 医療福祉 改築 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,229)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,146)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,561)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,279)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,102)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。