平取町が複合施設イオル文化交流センターを新築

2019年10月03日 12時00分

総事業費7億円 最短21年度着工

 平取町は、アイヌ工芸家の研修機能をはじめとする複合施設、イオル文化交流センターを新築する。最短で2021年度の着工、23年度の完成を予定し、総事業費は7億円を試算する。3日開催予定の臨時町会議に基本設計費1500万円などを追加する補正予算案を提出。基本設計は今月上旬に指名し、月内に入札する見通しだ。

 9月30日に内閣府が交付を決定した、アイヌ政策推進交付金の対象事業。これ以外にも同町には慰霊塔の建設など計15事業、1億272万円の交付が決まっている。

 イオル文化交流センターは延べ約1000m²の規模を想定。同町二風谷61[MAP↗]にある二風谷アイヌ文化博物館付近に新築し、博物館の展示物と連動した工芸体験などをできるようにする。

 アイヌ工芸の作業場をはじめ、セミナーを開く教室などを設置。町内の工芸職人を招いた講義や長期的な研修を実施する。

 また、環境研究拠点の機能を持たせ、アイヌ民族の生活で用いられていた植物を調査、再現するために活用する。

 19年度の基本設計に続き、20年度は実施設計を進め、21年度以降の着工を見込む。23年度までの完成、24年度の供用開始を目指す。

 このほか、同じ二風谷地区内には遺骨安置のため慰霊塔を建設する。事業費は設計、施工を含めて1400万円。10月中に入札を終え、年度内に完成させる。

 23年度には老朽化した荷負生活館の建て替えも予定している。

 遠藤桂一副町長は「町民やアイヌの方々の意見に耳を傾けながら計画を進めていく。白老のウポポイとも合わせて、広域的な象徴空間にできれば」と話している。


関連キーワード: アイヌ文化 新築 日高

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,963)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,956)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,785)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,620)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,599)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。