屋根のナミキ、片野専務 板金で建設ジュニアマスター受賞

2019年10月08日 15時00分

 屋根のナミキ(本社・岩見沢)の片野裕勝専務は、高度な板金技能や技術などが認められ、国土交通省の青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰(建設ジュニアマスター)を受賞した。11日に東京都港区のメルパルクホールで表彰される。同社は川原悟社長も2017年度に同顕彰を受賞しており、2人目の建設ジュニアマスター誕生に喜び沸き立っている。

 同顕彰は、優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)のキャリアアップステージとして、39歳以下の優秀な技能者に与えられる称号。

 片野専務は現在33歳。父親が板金業を営んでいた影響もあり、自身も専門学校卒業と同時に札幌の板金会社に就職。初めのころは未熟で叱られることも多かったが、悔しさをバネに成長してきた。その後、縁あって川原社長と出会い、同社へ07年に入社した。

 5年ほど前から、自身の実力が全国でどれだけ通用するのかという好奇心から、日本建築板金協会が主催する全国建築板金競技大会に出場し、15年度、16年度と連続して3位に輝いた。

 3位の好成績を収めたにもかかわらず、片野専務本人は「優勝できると思っていたので悔しかった」と負けず嫌いの一面を見せる。

 活躍の場は道内だけにとどまらず、本州や沖縄など全国各地まで広がる。時には米国・カリフォルニア州まで足を運び、修行に励んだこともあった。それぞれの地域の特色ある屋根や壁の板金技術の習得にもいそしむ。

 建設ジュニアマスター受賞の連絡を受けたことに「うれしかった。自分にはまだ伸びしろがあると実感する」と姿勢はどこまでも前向きだ。

 同社では川原社長に続く2人目の建設ジュニアマスター誕生を受け、「いずれは技術や信用、信頼、ネームバリューなどにおいて北海道一、未来は日本一の板金屋を目指す」(川原社長)と意気込んでいる。


関連キーワード: 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.6k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。