MAプラットフォーム 苫小牧で2500億円投資

2019年10月10日 07時00分

ホテルなど10棟建設

 苫小牧市植苗で富裕層向け滞在型リゾートを計画するMAプラットフォーム(東京都港区虎ノ門2丁目3の17、小松稔男社長)は、早ければ2023年に1棟目となるホテルを開業させる。21年から10年ほどをかけ、ホテル4棟とコンドミニアム(分譲別荘)約10棟を建設する計画。投資額は当初明らかにしていた600億円から大幅に増え、2500億円を見込んでいる。

 同社は、森トラスト(本社・東京)の森章会長が個人で全額出資した投資会社。苫小牧市植苗地区で自然体験型スポーツや森林療法、森林滞在プログラムなどを提供する「開発しないリゾート」をテーマとするリゾートを構想した。

 建設予定地は苫小牧市植苗の民有林地約1000ha。開発許可が下りている40haを4つのエリアに分け、各エリアにホテル1棟とコンドミニアム2―3棟を整備する。ホテルは4棟で計500室、コンドミニアムは約10棟で1000戸を見込んでいる。森林を生かした散策路やホーストレッキング、ノルディックスキー、森林セラピーの施設なども設ける。

 1期分として、6・6haのエリアに温泉付き高級ホテル1棟(約100室)、コンドミニアム2―3棟(約250戸)を構想。概算事業費は400億円で、21年にも着工する。

 ホテルの運営はシンガポールのジャヤソムが携わり、タイの高級リゾート「チバソム」と同じプログラムのスパやウェルネスを提供する。

 MAプラットフォームは、収益の一部を間伐や植林など民有森林の保全に役立てる考えだ。


関連キーワード: リゾート 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • イイファス
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,394)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,323)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,164)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,720)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,624)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。