紙の芯材生かした簡易ベッド 札幌建具工業協組が市に寄贈

2019年10月29日 12時00分

 札幌建具工業協同組合は25日、災害時に避難所などで使用する簡易ベッド20台を札幌市へ寄贈した。皆戸克司理事長が佐藤博都市局長に目録を手渡し「避難者の負担を少しでも減らせるよう、避難所などで使ってほしい」と述べた。

コアベッドについて説明する皆戸理事長(中央)

 簡易ベッドは紙製品メーカーの旭中芯(本社・旭川)が製造する「コアベッド」で、家具・建具に使う紙の芯材(バイアスコアー)が材料。誰でも簡単に組み立てることができ、いす、テーブル、作業台としても使用可能だ。使用後は、箱の中に収納し保管できるようなつくりとなっている。

 佐藤局長は「床からくる寒さをベッドでシャットアウトでき、保管時はコンパクトに収納しておける。大変ありがたい」と感謝。「震災を経験した札幌市だからこそ、災害対策としてやれることを最大限やっていきたい」と話した。


関連キーワード: さっぽろ圏 災害

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 東宏
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,350)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,865)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,660)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,472)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,456)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。