千歳の4カ所でドローン空撮 観光客向けサービス開始

2019年10月31日 12時00分

 空から北海道を楽しもう―。ドローン販売のHELICAM(本社・札幌、丹野宏柄社長)は「ドロキタ空ノ旅」を始めた。観光客がドローンを飛ばし、空から風景を楽しむスタイルを提供。第1弾として千歳市の4カ所を空撮スポットとして選定した。ドローンと観光を掛け合わせ、地域振興を目指す。

印象的な1枚を収めることができる(HELICAM提供)

 同社が貸し出すドローンを観光客が利用し、空撮スポットで自由に楽しむ。スマートフォンで予約・料金支払い後、道の駅など指定場所でドローンを受け取り、撮影後は近くの郵便局やコンビニで発送し返却するという流れ。22日から始めた。

 空撮スポットは、千歳市のジェラテリアミルティーロ[MAP↗]、パレットの丘[MAP↗]、北海道箱根牧場[MAP↗]、みなみ農園[MAP↗]。同社と千歳市、それぞれの土地所有者が連携し、ドローン飛行に配慮された空間となっている。

 事業を企画したレンタルプロジェクトリーダーの多田健輔さんは、群馬県高崎市出身の北大経済学部経済学科3年生。

 昨年の9月下旬、知床や十勝など道内を観光。自然の迫力に感激し「空から撮れたら楽しいだろう」との思いを事業化した。

 千歳市を選んだのは、増加する空港利用者に市内周遊を望む、市の狙いと合致したため。観光スポーツ部観光企画課の吉見章太郎課長は「寄り道感覚で2、3時間楽しんでほしい」と期待する。

貸し出しているドローン。スマホがリモコンになる

 多田さんによると、ドローンの飛行は専用アプリを導入したスマホを器具に装着すれば、初心者でも簡単にできるという。「動画をプロモーションビデオのように編集でき、一生の思い出になる」と話す。

 空撮スポットは今後、海や湖、岬と北海道ならではの景色を楽しめるよう展開する考え。「空から撮ることで普通の畑が観光地になる。道民でも知らない景色を広め、ドローンを使った新しいツーリズムを展開し、地域振興に役立ちたい」と意気込む。


関連キーワード: さっぽろ圏 ドローン 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,350)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,865)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,660)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,472)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,456)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。