千歳の4カ所でドローン空撮 観光客向けサービス開始

2019年10月31日 12時00分

 空から北海道を楽しもう―。ドローン販売のHELICAM(本社・札幌、丹野宏柄社長)は「ドロキタ空ノ旅」を始めた。観光客がドローンを飛ばし、空から風景を楽しむスタイルを提供。第1弾として千歳市の4カ所を空撮スポットとして選定した。ドローンと観光を掛け合わせ、地域振興を目指す。

印象的な1枚を収めることができる(HELICAM提供)

 同社が貸し出すドローンを観光客が利用し、空撮スポットで自由に楽しむ。スマートフォンで予約・料金支払い後、道の駅など指定場所でドローンを受け取り、撮影後は近くの郵便局やコンビニで発送し返却するという流れ。22日から始めた。

 空撮スポットは、千歳市のジェラテリアミルティーロ[MAP↗]、パレットの丘[MAP↗]、北海道箱根牧場[MAP↗]、みなみ農園[MAP↗]。同社と千歳市、それぞれの土地所有者が連携し、ドローン飛行に配慮された空間となっている。

 事業を企画したレンタルプロジェクトリーダーの多田健輔さんは、群馬県高崎市出身の北大経済学部経済学科3年生。

 昨年の9月下旬、知床や十勝など道内を観光。自然の迫力に感激し「空から撮れたら楽しいだろう」との思いを事業化した。

 千歳市を選んだのは、増加する空港利用者に市内周遊を望む、市の狙いと合致したため。観光スポーツ部観光企画課の吉見章太郎課長は「寄り道感覚で2、3時間楽しんでほしい」と期待する。

貸し出しているドローン。スマホがリモコンになる

 多田さんによると、ドローンの飛行は専用アプリを導入したスマホを器具に装着すれば、初心者でも簡単にできるという。「動画をプロモーションビデオのように編集でき、一生の思い出になる」と話す。

 空撮スポットは今後、海や湖、岬と北海道ならではの景色を楽しめるよう展開する考え。「空から撮ることで普通の畑が観光地になる。道民でも知らない景色を広め、ドローンを使った新しいツーリズムを展開し、地域振興に役立ちたい」と意気込む。


関連キーワード: さっぽろ圏 ドローン 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。