札幌市で宇宙ビジネスセミナー/射場生み出す効果討論

2019年12月14日 07時00分

 道と北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会は12日、札幌ガーデンパレスで北海道宇宙ビジネスセミナーを開いた。大樹町でロケット事業を展開するインターステラテクノロジズの稲川貴大社長や酒森正人大樹町長ら5人がパネリストとして、大樹町で検討されている新たなロケット射場が生み出す可能性を討論した。

 宇宙産業への新たな参入に向けて、機運醸成を図るのが目的。関係企業や金融機関、大学関係者ら153人が参加した。

宇宙産業から生まれるビジネスについて議論した

 パネルディスカッションでは、ロケットの射場を整備することで生まれる経済活動について討論。スペースポートジャパンの新谷美保子理事は「国内だけでなく、アジア圏のラグジュアリー層が来るようになる」とし、周囲に高級ホテルや研究機関などが展開していく可能性があると指摘した。

 酒森町長は「これまで研究関係で20人以上が町民になっている」と人口減少対策にも寄与していると話した。また、ホテル不足などを課題に挙げ、インフラ整備を民間の力を活用して進めていく考えを示した。

 稲川社長は「大樹町のホテルはもうかっているが、人手が足りないと言っている。これはビジネスチャンス」と、さらに盛り上げていくべきと提案。「道内企業に部品の加工をお願いできるようになり、地元に還元できる体制になってきた」と話した。

(北海道建設新聞2019年12月13日付4面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,690)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,295)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,057)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,948)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,288)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。