さっぽろ雪まつりで雪像制作 札幌商工会議所建設部会

2020年01月02日 10時00分

パリを舞台にサラブレッドが駆ける

 札幌商工会議所建設部会が参加する、さっぽろ雪まつり大雪像制作委員会の第1雪像制作部会は、第71回さっぽろ雪まつりで「世界を目指して駆けるサラブレッド」と題した雪像制作に取り組む。

 さっぽろ雪まつり実行委員会が13日、京王プラザホテル札幌で会合を開き、事業計画案を承認した。柴田龍会長は「雪まつりには、国内外の観光客や地域住民が多く訪れる。雪像制作へ引き続き尽力を」と呼び掛けた。

 今回の特徴として、2020年4月開設の民族共生象徴空間(愛称・ウポポイ)やウインタースポーツをテーマにした雪像の設置などを挙げた。

 建設部会は高さ12m、奥行き13m、横幅16mの大雪像に、歴史と伝統ある世界屈指のレース「凱旋門賞」の開催地であるフランス・パリを、サラブレッドが力強く駆ける様子を表現。背景には凱旋門を描く。

 本道はサラブレッドの一大産地で、全体の98%を占める。大自然の中でたくましく育った競走馬が、世界の大舞台で夢に向かって疾走する姿から、挑戦する勇気と希望を感じ取ってほしいという願いを込めた。

 開催期間は大通会場とすすきの会場が20年2月4―11日、つどーむ会場が1月31日―2月11日。

(北海道建設新聞2019年12月16日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 団体 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,178)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,388)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,968)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,805)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。