さっぽろ雪まつりで雪像制作 札幌商工会議所建設部会

2020年01月02日 10時00分

パリを舞台にサラブレッドが駆ける

 札幌商工会議所建設部会が参加する、さっぽろ雪まつり大雪像制作委員会の第1雪像制作部会は、第71回さっぽろ雪まつりで「世界を目指して駆けるサラブレッド」と題した雪像制作に取り組む。

 さっぽろ雪まつり実行委員会が13日、京王プラザホテル札幌で会合を開き、事業計画案を承認した。柴田龍会長は「雪まつりには、国内外の観光客や地域住民が多く訪れる。雪像制作へ引き続き尽力を」と呼び掛けた。

 今回の特徴として、2020年4月開設の民族共生象徴空間(愛称・ウポポイ)やウインタースポーツをテーマにした雪像の設置などを挙げた。

 建設部会は高さ12m、奥行き13m、横幅16mの大雪像に、歴史と伝統ある世界屈指のレース「凱旋門賞」の開催地であるフランス・パリを、サラブレッドが力強く駆ける様子を表現。背景には凱旋門を描く。

 本道はサラブレッドの一大産地で、全体の98%を占める。大自然の中でたくましく育った競走馬が、世界の大舞台で夢に向かって疾走する姿から、挑戦する勇気と希望を感じ取ってほしいという願いを込めた。

 開催期間は大通会場とすすきの会場が20年2月4―11日、つどーむ会場が1月31日―2月11日。

(北海道建設新聞2019年12月16日付12面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 団体 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • web企画

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.5k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
伊藤組土建が首位に 20年度上半期のゼネコン道内受...
2020年11月12日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。