札幌北5西1・西2再開発を日本設計に実務委託

2019年12月27日 18時00分

新年から基本計画や環境影響評価の準備などに着手

 札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合は、再開発の事業化に向けた実務を委託する事業コンサルタントに日本設計を選定した。新年から基本計画や環境影響評価の準備など事業化の実務に着手する。業務期間は2022年度の都市計画決定までを予定している。

 公募型プロポーザル方式で提案審査の結果、最優秀提案者に選んだ。評価点は230点満点中148点だった。業務内容は基本計画、環境アセス準備、基本設計や都市計画決定の準備など。内容を整理した上で、契約を締結する。

 組合は中央区の北5西1街区[MAP(e-kensinプラス会員専用)↗]を保有する札幌市と、同西2街区に商業ビル「エスタ」を持つJR北海道と同社グループ会社で組織。第1種市街地再開発により、北海道新幹線の札幌開業で駅前となる両街区一体の再開発を計画している。

 道都の顔となるシンボル空間の形成を掲げ、1階にバスターミナル、低層に滞留空間と商業施設、中高層にオフィスや国際水準ホテルが収まる容積率1200―1500%の複合ビル建設をイメージ。高層棟は高さ約230m、オフィス床の規模は市内最大級を目標に掲げている。

 市が招致を目指す30年冬季オリンピック・パラリンピック直前の29年秋の全体開業を想定。23年度中の事業化、着工を目指していく。

(北海道建設新聞2020年1月1日付16面より)

e-kensinプラス会員様へ

 e-kensinプラスにログインしていただくと、次にログアウトされるまでは、下記のリンクから地図情報をご覧いただけます。

e-kensinマップで地図を見る↗

(別ウィンドウが開きます。)


関連キーワード: さっぽろ圏 再開発

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,087)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,925)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。