江良漁港波除堤整備に向けケーソン移設 函館開建が作業を公開

2020年01月26日 10時00分

高木組が函館港で仮設置

フローティングドック(右)からタグボートでケーソンを運び出した

 函館開建は22日、函館港で松前町の江良漁港波除堤整備に使用するケーソンの移設作業を報道機関向けに公開した。同開建管内でケーソン製作を伴う工事は5年ぶり。海洋土木工事の流れや作業内容を説明した。

 江良漁港は岸壁から波が越流しやすい状態で、蓄養施設の一部が被災するなど漁業活動に支障を来している。そこで、延長30mの波除堤を港内に設置することにし、2019年度、高木組(本社・函館)にケーソン製作を発注した。

 ケーソンは2函。RC造でいずれも高さ7m、長さ15m。幅は標準部8m、堤頭部13mで、重量は標準部535㌧、堤頭部777㌧ある。

 この日の作業ではまず、ケーソンを積載したフローティングドックと呼ばれる作業船を防波堤近くに運んで海中に沈め、ケーソンを浮上させた。

 その後、ケーソン内部をカメラで撮影し、漏水していないかを点検。ロープを張ってタグボートでけん引し、港内に設けた仮置き場までえい航した。

 開建によると、江良漁港近くの福島漁港では作業に必要なスペースが確保できなかったことから、今回は函館港で製作した。

 今後、50カイリ(約90㎞)離れた江良漁港まで22時間ほどかけて運び、20年度以降に予定する波除堤本体の建設に備える。

 説明は、監督員を務める函館港湾事務所第2工務課の女性技術者、早坂泉秋さんが担当した。

 入職1年目の早坂さんは「漁業者に喜んでもらえると思うとやりがいを感じる。ケーソンを壊さず、作業者にもけがをさせないよう安全に運びたい」と話していた。

(北海道建設新聞2020年1月24日付13面より)


関連キーワード: けんせつ小町 土木 渡島 漁港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,942)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,567)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。