江良漁港波除堤整備に向けケーソン移設 函館開建が作業を公開

2020年01月26日 10時00分

高木組が函館港で仮設置

フローティングドック(右)からタグボートでケーソンを運び出した

 函館開建は22日、函館港で松前町の江良漁港波除堤整備に使用するケーソンの移設作業を報道機関向けに公開した。同開建管内でケーソン製作を伴う工事は5年ぶり。海洋土木工事の流れや作業内容を説明した。

 江良漁港は岸壁から波が越流しやすい状態で、蓄養施設の一部が被災するなど漁業活動に支障を来している。そこで、延長30mの波除堤を港内に設置することにし、2019年度、高木組(本社・函館)にケーソン製作を発注した。

 ケーソンは2函。RC造でいずれも高さ7m、長さ15m。幅は標準部8m、堤頭部13mで、重量は標準部535㌧、堤頭部777㌧ある。

 この日の作業ではまず、ケーソンを積載したフローティングドックと呼ばれる作業船を防波堤近くに運んで海中に沈め、ケーソンを浮上させた。

 その後、ケーソン内部をカメラで撮影し、漏水していないかを点検。ロープを張ってタグボートでけん引し、港内に設けた仮置き場までえい航した。

 開建によると、江良漁港近くの福島漁港では作業に必要なスペースが確保できなかったことから、今回は函館港で製作した。

 今後、50カイリ(約90㎞)離れた江良漁港まで22時間ほどかけて運び、20年度以降に予定する波除堤本体の建設に備える。

 説明は、監督員を務める函館港湾事務所第2工務課の女性技術者、早坂泉秋さんが担当した。

 入職1年目の早坂さんは「漁業者に喜んでもらえると思うとやりがいを感じる。ケーソンを壊さず、作業者にもけがをさせないよう安全に運びたい」と話していた。

(北海道建設新聞2020年1月24日付13面より)


関連キーワード: けんせつ小町 土木 渡島 漁港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,173)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,935)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,088)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,743)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,503)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。