「予算内での提案難しい」 ZEB、ZEH―M建設の課題

2020年03月25日 09時00分

札幌市環境局が市内の設計事務所445社にアンケート

 札幌市環境局が市内の設計事務所を対象に実施したZEB(ゼロエネルギービル)、ZEH―M(ゼロエネルギー・マンション)に関するアンケート結果によると、建設技術の課題として「予算内での提案が難しい」との声や、「設備、材料などの単価が高く費用対効果を示せない」などの意見が共通して多かった。

 ZEB、ZEH―Mの普及状況や普及に向けた課題を把握するため、2019年11月から12月にかけ、北海道建築士事務所協会の札幌支部会員など445社を対象にアンケート。うちZEB、ZEH―Mへの関与が想定される201社を有効対象事業者とし、31.8%に当たる64社から回答を得た。

 結果を見ると、設計・施工に関する人材について、ZEB、ZEH―Mそれぞれで「設計する人材の不足」が約4割、「設計者の技術力向上が必要」が約3割と、人材や技術力不足が大きな課題となっている。

 また技術的な課題について「建て主の予算内での提案が難しい」はZEBが63%、ZEHが73%でともに最多。このほか、高性能な断熱・省エネ設備の単価が高く「費用対効果を示せない」との声が共通して多かった。

 一方、普及のための支援策についてはツールや補助を求める意見が多く、「費用対効果試算ツール」が約8割、「検討するための事前設計費補助」が約6割だった。

 アンケート結果を基に同局は20年度、建築主や施工業者に光熱費などの削減効果を分かりやすく示す「見える化ツール」の作成に着手。このほか、設計費補助の開始や講習会の開催など新たな取り組みを展開し、ZEB、ZEHのさらなる普及を目指す。

(北海道建設新聞2020年3月24日付10面より)


関連キーワード: エネルギー 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,245)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,667)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,200)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,602)
当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (1,598)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。