垂直離着陸型ドローンの精度検証 FRSコーポレーション

2020年04月17日 15時00分

高低差データ取得と航空写真撮影

 FRSコーポレーション(本社・札幌)は14日、帯広市富士町のほ場でドイツ・Wingcopter(ウイングコプター)社の垂直離着陸型ドローンを使ったテスト計測と精度検証を行った。取得したデータを分析し、今後の運用に役立てる。

障害物がない場所で、性能を十分に確認した

 先行して導入したイタリア・3D TARGET社のレーザー計測器「Scanfly(スキャンフライ)」と併用することで、広範囲の地形測量を短時間で行うことが可能。施工計画策定などのツールとして、ゼネコンや測量・コンサル会社などに提案していて、既に受注案件がある。

 この日のテストでは、ドローンにスキャンフライとカメラを搭載。150mの高さまで上昇させ、南北1㌔、東西600mの範囲を滑空し、地形の高低差データを取得しながら航空写真を撮影した。

 徳島秀彦社長は「マルチコプタードローンに比べ、天候条件や時間の制約がなく、受注機会の拡大につなげたい。テスト計測でデータを取得できたので、これから精度の確認を進める」と述べた。

 見学に訪れていた伊豆倉組(本社・帯広)の伊豆倉鈴雄業務室長は「とても参考になった」と話していた。

(北海道建設新聞2020年4月16日付9面より)


関連キーワード: ICT ドローン 測量

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,532)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,337)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,067)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,895)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,252)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。